業務用のエプロンは通販サイトを活用して仕事をお洒落に

コック

歴史がある服

料理人

エプロンの発祥は、古代エジプトから生まれたといわれています。当時のエプロンの定義は、王様や僧侶といった偉い人達が、権力の象徴として身につけていたとされています。また、エプロンが現在のように多くの人に使われるようになったのが16世紀ごろからです。この頃から、農民や街で働く労働者たちが、普段の生活で便利に使うことができるようになってきました。また、日本でもエプロンと似た文化が古くからあります。それが、袴を巻いたスタイルで実用的なものとして愛されてきました。その後に、袴無しでの一枚の衣類を身に付けるスタイルが定着してきました。そんな、一枚で着る衣服に合わせて腰に巻く布が日本でのエプロンの原型といわれています。今でも、居酒屋さんなどに行くと腰布を巻いた人が厨房に立っている風景がありますが、海外から入ってきたエプロンの文化と平行して、昔ながらのスタイルも現代では残っています。

エプロンといっても、料理を行なう人だけが着用するものではありません。医療の現場でも多くエプロンは使われています。手術をする時に、医師や看護師たちが着用しています。また、介護の現場でもエプロンは使われています。前かけがあると、水仕事にも対応できますので、介護をする時に便利なものです。こういったように、医療の現場でもエプロンは広く使われています。また、家庭用や医療用のエプロンはインターネットでの通販サイトで簡単に購入ができるので、便利なのです。

Copyright© 2015 業務用のエプロンは通販サイトを活用して仕事をお洒落にAll Rights Reserved.